無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
もうすぐはこだて国際科学祭2011ですね!
 いよいよ明日からはこだてではこだて国際科学祭2011が始まりますよ!

今年のテーマは「はこだて・健康・みらい」ということで、
去年に引き続き食育や体操をテーマにしたイベントが数多くあるようです。

個人的におすすめのイベントはこれかな。
大学の研究室でバーベキューしたときに、市内のバーの方が協力してくださって、すごくおいしいワインやサングリアを頂いたことがあるんだけど、あまりにも美味しくて今でも思い出すよポワワー

あと、銅鍋ね。ここのワインはおすすめだね!おいしいよ!

それとやっぱりサイエンスカフェかなー。

函館市中央図書館のボルヤンというカフェ、行ったことないなぁー。
図書館には何度か行ったことあったんだけど、どこだろ?
図書館の向かいにあるお寿司屋さんは行くべき!
カフェ・マウンテンブックスはほっこりする。いいところだと思います。
歩いて行くと健康になるかもw



まぁ・・・
今年も行けないんだけどね…

もともと、今年の四月の時点でこの一週間付近でお休みを申請しまくっていたのだけれども、
いわゆる震災の影響で節電休暇として前の週が一週間お休みになってしまい、
二週間連続で休むことにはできず…

がっかり。

行きたかったなぁ…
| ありあ | ☆函館国際科学祭☆ | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
サイエンスカフェに行きたい
今週は会社の都合でお休みだから、サイエンスカフェに行きたかったのです。 
もし私が函館に住んでいたら、迷わずスイーツ&サイエンスカフェに行ったんだけど… 

行きたいカフェの条件は 
・東京でやってること
・予約がいらないこと 
・いい感じのカフェなこと 
・テーマが面白そうなこと

 探したサイトはここ、ここになければもうないと思う。 

 結果、見つかりませんでした。 
予約が必要なカフェはあるんだけどねー。 
予約は嫌なんだよね、ダメ人間だから。 

 いつも仕事で行けなかった星と風のサロンは8月お休みみたいだし(泣 

誰かどこか心当たりあったら教えて下さいな!
ということで、しょうがないからあそびに行ってこよー!
| ありあ | **サイエンスカフェ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
今日の札幌紀伊国屋でのサイエンスカフェは延期だそうです。
昨日の地震は本当にひどかったですね…。


本日札幌の紀伊国屋にて予定されていたサイエンスカフェ
「閃け!棋士に挑むコンピュータ」
ですが、さまざまな事情により延期となったそうです。
今後の詳しい開催状況はわかり次第また書きます。

今回のゲストは私の大学のときの恩師、松原仁先生がゲストなのです。
先生は無事とのことですが、先生の部屋はものすごくたくさんの本が積まれていたので、崩れたら本当に危ないと思います。

今日は街中に出かけるような日でもないとは思いますが、外に出かける際はちゃんとスニーカーはいて、貴重品を持って気をつけてお出かけしてください。
| ありあ | *ありあにっき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リアルサイエンスマイスター講座にいってきました!
 すっかり先週のお話ですが、

NPO法人 体験型科学教育研究所 【リアルサイエンス】

というところが主催している、リアルサイエンスマイスター養成講座というのに参加してきました。
この講座は、学校の先生や科学に携わる人や企業の人などを対象に、体験型の科学教育について実践的な勉強をするもので、今回は三連休を使って行われました。

とっても楽しかったのは、貝の解剖。
はまぐりやホタテ、牡蠣を解剖して口や心臓などを見ました。
貝にも心臓があるんだねぇ…。足もあるってすごいよねぇ…。
牡蠣って岩にへばりついているからああいう形なんだねぇ…。
image.jpg
で、お昼にはその貝たちを食べちゃう!ちょっぴりうれしい☆


ということで、
今日は講座で学んだことなどまとめて書いてみようかなっと思います。

■実践的科学教育ってなんだ?
学校の教育カリキュラムを教科書ベースでつるりと流して教えるこれまでのやり方から
あくまでも児童の興味をベースにおいて彼ら自身の好奇心とか気づきを大事にすること。
そのためにリアルな模型や実験などをうまいこと活用していこう!

■メリット
教科書に書いてあることを知っている、という形の知識から一歩進んで自分で実体験として理解した概念となること。理解がより深まる。
授業をきっかけとしてより広範囲な出来事に興味を持つようになること
興味を持ったことに対して、授業で学んだ科学的なアプローチの仕方で児童が自主的に勉強する機会ができること

■デメリット
これはあんまり講座で触れていなかったので、私が思ったことですが。
学校は教えなくちゃいけないことが決まっている、かけられる時間や内容の制限を飛び越えてこういう授業をするのは難しい。
児童の興味はいったいどこに向くかわからないので、予測が立てにくい。しかもせっかく興味が広がったところで、時間切れだったりカリキュラム外だったりすると対処しにくい。
多様な児童の興味に対応できる教員はそう多くない。たくさんの概念をつなげてまとめてわかりやすくある程度即興で…ってめちゃくちゃハードル高いです;;




というかんじ。

一番学んだことは、相手の興味に合わせて話を進めることの難しさ。
今回は学校の先生向けの部分が多かったけど、サイエンスカフェにも同じように適用できる概念でした。相手がいったい何を聞きたくて、何を考えていて、どう進めるといいのか、即興で考える。ほんとすっごい難しいです。

サイエンスカフェがしばしば講演会になってしまうのも、やっぱり相手に合わせて即興性を出す難しさが大きいのだろうなと思います。もちろん他にもいろいろあるけど。


今回の講座ではその難しい部分も練習させてもらいました。
サイエンスカフェを始めてから、こういう講座的なものに参加したことがなかったので、非常に勉強になりました!

やったことは、模擬授業です。
小学校6年生向けに酸性アルカリ性について勉強してもらうのがテーマ。
基本ルールは、先生側が概念を押し付けないこと、児童の気づきをきっかけにして授業を進めること、体験型であること。
45分の授業を想定して、児童役は他の受講者です。

これが難しくて、児童が言ってほしいこと言ってくれなかったりして、焦って強引に話を進めてしまったり、実験で気づいてもらえると思ったポイントを外してしまったり、あれを見せて、これを言って、あれをやって…っていう自分側の段取りでいっぱいいっぱいになってしまったり。
講師コメントは「教育実習生を思い出しました」だったからね…orz

相手の関心に合わせて話を進める難しさを再確認しました。
ポジティブに考えると、教育実習生レベルから先生になるまで、まだ勉強する余地があるということで、今後とも精進しようと思います。がんばります。


長くなったけど、こんなかんじで!
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リアルサイエンス
image.jpg
リアル貝食べてうまうま1FL1521.gif
| ありあ | ケータイにっき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
函館なう!
会社説明会に来ています1FL0431.gif
とりあえずどこかで朝ごはん…おなかへった。
| ありあ | ケータイにっき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サイエンスアゴラなう
2010112114090000.jpg
今年も面白かった!
 
これから閉幕セッションだけど、裏でサイエンスカフェのセッションもやってるfrDE0166.gif
どっちも行きたい!
| ありあ | ケータイにっき | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |