無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
リアルサイエンスマイスター講座にいってきました!
 すっかり先週のお話ですが、

NPO法人 体験型科学教育研究所 【リアルサイエンス】

というところが主催している、リアルサイエンスマイスター養成講座というのに参加してきました。
この講座は、学校の先生や科学に携わる人や企業の人などを対象に、体験型の科学教育について実践的な勉強をするもので、今回は三連休を使って行われました。

とっても楽しかったのは、貝の解剖。
はまぐりやホタテ、牡蠣を解剖して口や心臓などを見ました。
貝にも心臓があるんだねぇ…。足もあるってすごいよねぇ…。
牡蠣って岩にへばりついているからああいう形なんだねぇ…。
image.jpg
で、お昼にはその貝たちを食べちゃう!ちょっぴりうれしい☆


ということで、
今日は講座で学んだことなどまとめて書いてみようかなっと思います。

■実践的科学教育ってなんだ?
学校の教育カリキュラムを教科書ベースでつるりと流して教えるこれまでのやり方から
あくまでも児童の興味をベースにおいて彼ら自身の好奇心とか気づきを大事にすること。
そのためにリアルな模型や実験などをうまいこと活用していこう!

■メリット
教科書に書いてあることを知っている、という形の知識から一歩進んで自分で実体験として理解した概念となること。理解がより深まる。
授業をきっかけとしてより広範囲な出来事に興味を持つようになること
興味を持ったことに対して、授業で学んだ科学的なアプローチの仕方で児童が自主的に勉強する機会ができること

■デメリット
これはあんまり講座で触れていなかったので、私が思ったことですが。
学校は教えなくちゃいけないことが決まっている、かけられる時間や内容の制限を飛び越えてこういう授業をするのは難しい。
児童の興味はいったいどこに向くかわからないので、予測が立てにくい。しかもせっかく興味が広がったところで、時間切れだったりカリキュラム外だったりすると対処しにくい。
多様な児童の興味に対応できる教員はそう多くない。たくさんの概念をつなげてまとめてわかりやすくある程度即興で…ってめちゃくちゃハードル高いです;;




というかんじ。

一番学んだことは、相手の興味に合わせて話を進めることの難しさ。
今回は学校の先生向けの部分が多かったけど、サイエンスカフェにも同じように適用できる概念でした。相手がいったい何を聞きたくて、何を考えていて、どう進めるといいのか、即興で考える。ほんとすっごい難しいです。

サイエンスカフェがしばしば講演会になってしまうのも、やっぱり相手に合わせて即興性を出す難しさが大きいのだろうなと思います。もちろん他にもいろいろあるけど。


今回の講座ではその難しい部分も練習させてもらいました。
サイエンスカフェを始めてから、こういう講座的なものに参加したことがなかったので、非常に勉強になりました!

やったことは、模擬授業です。
小学校6年生向けに酸性アルカリ性について勉強してもらうのがテーマ。
基本ルールは、先生側が概念を押し付けないこと、児童の気づきをきっかけにして授業を進めること、体験型であること。
45分の授業を想定して、児童役は他の受講者です。

これが難しくて、児童が言ってほしいこと言ってくれなかったりして、焦って強引に話を進めてしまったり、実験で気づいてもらえると思ったポイントを外してしまったり、あれを見せて、これを言って、あれをやって…っていう自分側の段取りでいっぱいいっぱいになってしまったり。
講師コメントは「教育実習生を思い出しました」だったからね…orz

相手の関心に合わせて話を進める難しさを再確認しました。
ポジティブに考えると、教育実習生レベルから先生になるまで、まだ勉強する余地があるということで、今後とも精進しようと思います。がんばります。


長くなったけど、こんなかんじで!
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
事業仕分け
 ニュースに乗り遅れている感ありありだけど。 地域科学技術振興は廃止だそうで、超ショック… 未来館は削減だけだったみたいで、ちょびっと安心。

でもこの結果って別に絶対こうなる!ってわけじゃなくってこういう意見もありますよっていう分析結果ってことなんだよね。すぐに悲観することじゃないんだよね。

科学コミュニケーションには最近あんまり関わってなかったけど 学生時代に頑張ったことなだけに、廃止って言われちゃったのには虚しさを感じます。。。


でもさ、科学コミュニケータはここからが腕の見せ所だよね!
地域と科学コミュニティの科学を通じたコミュニケーションに関するニーズを超探って、
それをビジネスにできるってことは儲けていいってことでしょ!

今まではサイエンスカフェも大学とかがやってたから基本タダでやってたけど
お金取るようになれば見る目も変わってくるだろうし

むしろお金取ってきっちり関係者の問題へアプローチすればさ、科学コンサルタントになれる!

科学コミュニケータっていう仕事の名前が持ってたイメージを払拭して
もっと本質的な問題にアプローチできるかも!


うわぁすごい面白そう…
そして儲かりそう…


続きには若干文句書いてみた
続きを読む >>
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
私のためのサイエンスコミュニケーション
これまでは、函館だったからサイエンスカフェがおもしろかったんだけど、東京は面白くない!
どこもかしこも遠いし交通費かかるし。時間もかかる。

そもそも人見知りするから初めて会った人たちと話すの緊張するし、
微分も積分も力学もわかんないし。


そんな私のやりたいことがなんとなく形になってきました。

やっぱ、若者はネットですよ。
通勤時間にサイエンスですよ。
iPhoneもT-01Aもいいじゃなーい。

それはともかく、対面しないで、時間も場所も気にしないで、お手軽に
でもお手軽だからって深いこと考えないわけじゃなくってね。

何しよう。何ができるだろう。


とりあえず一回やってみよう!


誰とやってみよう?


暑い夜はうきうきするねっ!
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
はこだて国際科学祭がはーじまるよー。
 また8月くらいになったら同じタイトルでブログを書く気がします。

さて今日(6月1日)函館国際科学祭が記者発表しちゃったそうです!

同時にウェブサイトもリニューアルしたみたい。


かっこよくなってますね。
工事中が多いのはちょっと残念な気がしますが、限られたリソースで頑張ってください!

詳しい情報は以下のウェブサイトを見るととても良いです。
私としては上の科学祭スタッフブログが大変読みやすくて好きです。
ScienceAndCommunication
watanabeさんのブログ
南部先生のブログ


はこだて国際科学祭のために函館へ!

新たな価値を函館につくろうとしている私たちにとって,何よりもうれしい応援です。そしてそのことを盛んに発信頂き,盛り上げて頂いています。

これは,共に科学祭を創ることだと思うのです。

(サイエンス・サポート函館 活動日誌より。)


すくなくとも、私が最近コミュニケーションを取っている未来大学OBたちは
何か出来ることがあればしたいと思っているし、結構応援しています!

ただ、ただ…函館に行く目的ランキングでは残念ながら未来祭に勝ててないですΣ('□')
祭りという性格上、通年やるとか年に何度もやるということはヘンすぎますので、
可能であれば未来祭でビデオを流すなどしてもらえるとうれしいです!
あと、ネットにもっと情報をください!うちらネットに生きているんです!

私は、たぶん未来祭と科学祭の両方のために函館に行くと思うんだけど
東京→函館に行くモチベーションのある未来大OBたちにアプローチしておけば
ほら!秋葉原に未来が見えて・・・みえて・・・くるかも!


秋葉原で未来を見たいのはわたしなんだけどね。


函館を離れた函館を愛する人たちとも一緒に祭りができたらいいな。
続きを読む >>
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(3) | trackbacks(98) | pookmark |
函館国際科学祭は何のためのお祭りなの?

いつもお世話になってる「Science and Communication」の「函館国際科学祭」について言及されている「ブログ記事」について、科学祭応援団(自称)としてひとこと…

まずペロっと引用 赤は私のコメント!
有名人を東京界隈から呼んできて盛り上げる種類のものなのだろうか.
地元が中心となって盛り上げるものだと思っていたのだけれど.
 地元・有名人、両方のいいとこどりだと思いますよ!

岡山のサイエンスカフェについて,何コレって思ったのと同じパターン.

函館人が東京まで行かなくても東京人がやってきて楽しめるイベント?
 函館って、なかなか科学に関するイベントが来ないので…ニーズはありそう。
逆に,函館まで行って科学祭に参加する意味って何だろう.
関東あたりから行っても,十分楽しめるものなのだろうか.
 東京ってものすごく何でもありますから…
 函館の科学は楽しんで頂けると思いますが、ワールドに人気なものは目新しくないかもですね。
いつもどおり、まとまらない後半は続きに書きました。
続きを読む >>
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
サイエンス・サポート函館キックオフ会に行くよ!
今週の土曜日、12月13日に函館市中央図書館で来年の函館国際科学祭へのキックオフフォーラムがあるそうですよ!
私は行きます!車で行きます!だって外は寒いから!

詳細は以下のリンクを見て頂けるととてもよくわかると思います。

サイエンスサポート函館活動日誌


何をやるのかまだよく知りませんが、科学を通じた街づくりに興味のある人はちらっと見てみるといいのだと思います。

科学の人も、街づくりの人も、一緒に何か出来たら楽しいね。

間に合えばサイエンスカフェはこだての広報もできればいいなー♪
っていうか準備じゅんび・・・・!!!!!
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もういくつも寝ないうちにサイエンスアゴラですよ
 函館は昨日降った雪も解けて、道路はだいぶ走行しやすい感じになっています。
おそらく飛行機もちゃんと飛んでくれるでしょう!

なぜかデータ入校だと勘違いしていたポスターセッションのブツもなんとかなりました。
KJ研、ONO研、MKM研のみなさんには大変お世話になっております!


さて、今回のポスターセッションですが、サイエンスカフェはこだてのポスターには下部に空白を作ってあります。
それは、間違いとか切るのが面倒だったとかそういうことではなくて(笑
ポスターを見てくれた人とのコミュニケーションが出来たらいいなという工夫だったりします。

ポスターを見た方はぜひ下部にコメントを残してください!
文字でなくてもかまいません。アートな足跡歓迎です。

そして、アゴラに来られない方々のために、ブログにもポスターのデータを載せます。
これです。



どうですか。見えますか。
結構小さいですがブログがそういう制限をかけているのです。
どうしても見えなかったらコメントください。大きくします。

コメントお待ちしてます!
| ありあ | **サイエンスコミュニケーション | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |