無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
librettoを使ってみる。タッチパネル編
 
お盆明けって仕事モードになるの、大変だよねぇ。


地味に話題のリブレットを手に入れたので、早速印象を書いてみます。

タッチパネル--悪くないです。両面タッチパネルなので、キーボードスタイルにもなるし、上下で動画みながらツイッターもできる!
当たり前なんだけど、ほんのり便利。

キーボード--最初は慣れが必要。取っつきにくいのはしょうがない。
でも、みんなが思ってるよりも使いやすいと思う。
なぜならば、変換が優秀だから。

アップル系の日本語変換はちょっと間違いが多い。
入力方式はいいんだけど、どうにも変な変換するから、ちゃんとみないと打ち間違いが多くなっちゃう。

ケータイは、最近最新のガラケー使ってるんだけど、これもいまいち。
キー押した回数意識しないとだし。

で、このリブレットにはATOK入ってるから、変換は頭いい。
そこそこまともな文章書けば、きっちり変換してくれる。えらい。
でも、ひとつハマったこともあって、、
普通、文節変えるのにシフトキーつかうでしょ。変換の切るとこ違うときとか。
そのキーが、シフトって書いて無くて、↑ってだけなの。
わかんないよコレーっってかんじ!!!


まあ、ブラインドタッチできないのはしょうがないのかな、、、物理的に触れないしね。

あと、タイピング速度についてこれてない。
私がガラケー使うのと同じくらいかな。

今のところの印象、ガラケーのが小さいからいい!
スマートフォンよりは便利かな。持ってたの、ウィンドウズモバイルだけど。
iPhoneとは全く別ベクトルかな。いつもしてることをそのまま持ち出す感じ。

おうちで持ち運んで軽くパソコンするときにいいかもー。

通勤時間に書いてるのでここまで。
ちなみに今朝も書いたけど、うっかり消えたよ。
リブレットで書きました。じゃ、またあした。
| ありあ | パソコン | comments(1) | trackbacks(3) | pookmark |