無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
サイエンスカフェの目標ってなんだ?
私の思うサイエンスカフェ

 科学技術に関してお話が出来る空間を社会の中に作ること
 
 科学技術よりも空間の方が大事だと思ってます。

それで、一般的なサイエンスカフェの目的に目を向けてみると

●トランス・サイエンス派
 科学と社会の間で起こる問題、科学が解決できないようなもの。
 たとえば捕鯨問題とか、遺伝子組換え食品問題とか、健康食品とか。
こういう問題についてアプローチしたい!というひとたちがいます。
その中でも特に
 ○コンセンサス取りたい派
 ○コンセンサス取らなくていい派
 コンセンサスっていうのは、いわゆる合意って感じ。
 ある程度市民の意見をまとめて、どんな答えが出るか聞いてみたい人がいるよね。

私はコンセンサス取るならコンセンサス会議みたくばっちりやって、
政治に反映させちゃった方がいいのではないかと思います。
サイエンスカフェはそんなに重いとちょっとつらいなぁ。
だって私自身他人とコンセンサス取るのとか得意じゃないし。

●科学技術理解増進派
 科学技術に関していっぱい知ることで理解も深まっていいよね!
 いわゆる欠如モデルに近いところがあります。
 こういう人達のサイエンスカフェはついついお茶つき講演会になりやすいよね。
 でも、とても面白いことが多い。「まじで!!!」って驚きと発見があります。
 専門家と双方向のコミュニケーションがなくとも理解は深まります。
 私のサイエンスカフェの先生はどちらかというとこの考えです。

こういうやり方もありだと思います。
講演会みたいに、先生が面白い話を用意してきて参加者は聞くのですね。
ふんふんなるほど、と理解して知り合いに話すことがあるかもしれません。
こういう会は印象調査をしても結構よい結果が出たりします。

●相互理解派
 サイエンスカフェでは、参加したみんながお互いいろんな立場だってことを勘案して相互理解していく感じのやり方です。
 私はこの考えをベースに研究とサイエンスカフェはこだてを進めています。
 このやり方がうまくいくためにあったらいいこと、うまくいったらどうなるの?みたいなのをまとめたのでそれはまた今度書きます!
 
 相互理解派は一見すごくよさそうなんだけど、難しいこともたくさんあります。
 たとえば講演会よりも準備が大変だとか、目に見えて得るもの(結論とか、コンセンサス)がちょっぴり少ないので評価されにくかったりします。
 
●研究者のために派
 若手研究者が社会と対話することで成長する!
 中高生が大人にもまれて大きくなる!
 という考えの人達です。
 素人に説明して、厳しい意見をもらったりあったかいアドバイスをもらうっていうのは、その人の人生においてすっごいプラスになるのでとても効果的だと思います!
 私も高校生の時、太陽電池をテーマにして発表会をしましたが、その時にもらった厳しいコメントと、自分で考えることの大事さってまだ覚えてますよ!!
 
 サイエンスカフェはこだてににゲストで出てくださった研究者の皆様は、全員こういう社会との対話を大事だと思ってくれているみたいですし、学びの場としていいのかもしれないですね。


長くなりましたが、要するに現状は様々な目的、目標、理念を持つサイエンスカフェがあります。
だから、社会との関わりとかアウトプット、ありかたなんかも一概に言えないです。
そして、参加者が誰なのかによって、どのやり方でもとってもいい結果が出ます。


サイエンスカフェって名前は売れているので、サイエンスカフェと名乗るのはとっても良い戦略だと思います。
それぞれ、みんな目標がちょっぴりずつ違うってことを自覚してアピールしていくといいかもね。
どんなやり方でも間違いじゃないと思うよ!
| ありあ | ***サイエンスカフェ雑感 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/02/26 9:40 PM posted by: K_Tachibana
さっきまでウィキペディアのサイエンスカフェの項をリライトしてました.歴史的背景とか,あまりに貧弱なので追記してくれといわれたので.

さまざまな理解があるので日本の項では,細かい話は避けました.その代わり,英仏の項ではしっかりサイエンスカフェスタイルについて言及しておきました.
2009/02/27 8:49 AM posted by: wackyhope
初めまして。いつも拝読しています。
美容・化粧品業界でマーケティングと基盤研究を兼務しております。
マーケターと研究者という立場から、科学技術と生活を繋ぐマーケターが、科学者と生活者の対話の中に加われば面白いかなと思っております。「サイエンス&マーケティングカフェ」のようなものです。いかがでしょうか?
2009/02/27 5:13 PM posted by: ありあ
たちばなさま

 サイエンスカフェの項拝見しました!
 お疲れ様ですー。

 理想と現実がかい離しているサイエンスカフェをどう掴むかって、大事な話になってくると思います。

wackyhopeさま
 この前はリンクありがとうございました。
 マーケティングは私も来年から関わるような気がしているので結構興味があります。
 科学の成果なども、マーケティングをちゃんとしてアピールしたり、製品化するのって大事ですよね。
 マーケティングの観点からすると生活者の声が入るっていうのはいいことなのかも?
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://areant.jugem.cc/trackback/956
2009/02/26 9:55 PM posted by: Science and Communication
ありあさんが,サイエンスカフェの目標について大いに語っています!